私が GPL を買った当初、最も楽しんでいたことというと、自分で運転することではなく、当時 Spa Francorchamps の世界記録を持っていた Bert Knops さんのリプレイを見る、ということがありました。最初に見たのは 3:11.8 くらいだったかなぁ。えー、GPL 偉人伝みたいな話で始めましたが、Bert Knops さんは 2003 年現在、18 歳のオランダの青年です(笑)。

 とにかく Bert さんのリプレイは、GPL を買ったばかりの私にとって衝撃的でした。まだ、私はピットを出るだけでも細心の注意を払って必死に頑張らないといけない状態でしたが、とにかく彼のリプレイはかっこいい。なにしろ、彼は私が乗ったことがない青い車に乗っているし、走りはというと速い速い、もうバカじゃないのってくらい速いのです。
 スロベニアの Martin Bolcina さんがやっていたホットラップのサイトに当時の速さ自慢の世界中のアホども達人のリプレイが寄せられていたわけですが、その中でも印象的だったのが Bert Knops さんの Spa のリプレイでした。

 GPL を買ってから半年くらいは、一緒に買ったPapy NASCAR ばっかりやってて、GPL はたまにやってみる、ってくらいでほとんどスーパーリプレイ再生ソフトでした。難しすぎて、自分で走れるようなゲームじゃないと思ってたんですね。しかし、NASCAR にもそろそろ飽きてきてしまって、GPL も走ってみようかなぁと思って、初めて真面目に Spa を走り出したらあら不思議。Bert さんのスーパーリプレイを見まくっていたので、どこでどういうギアを使うか刷り込まれているので、走りの技術は全く未熟ながら、なんて覚えやすいサーキットなんだ、と思ったものでした(笑)。まぁ、今思えば思いっきり勘違いしていた事だらけなのですが、リプレイを見まくってたことがあって、走る前から好きな、そして今でも大好きなトラックです。

 ここは、度々海外のフォーラムでも挙がるような、Eau Rouge や Masta 等の名所の走り方ばかりを意識しても、なかなかタイムが上がってきません。高速コーナーが多いので、ライン取りや走り方がいきあたりばったりだと、どう頑張っても限界があり、一度スピードを失ってしまうと取り返すのが難しいサーキットです。また、自分の走りに合うギアセッティングを見つけられるかが大きな鍵を握っていると思います。